2016年に開催された展覧会「花路里と花路里 / PEGASUS / どこやここ」(3331 Arts chiyoda、東京)に合わせて制作された、作家監修の展覧会オリジナルグッズ。作家自らが監修や発案を行い、作品内で「花路里の看板」のデザイン・製作も担当した廣田碧(看太郎)がデザインを担当した。「花路里」とは、「やな川」という割烹料理店を営んでいた料理人の祖母に店名の由来について聞いた際、「花路里とかお洒落でいいよ」と語った中に出てきた言葉である。いったい「花路里」とは何か。祖母がふと漏らした一言が作家の中で場所を占め、さまざまな人と一緒に「花路里」について考え、旅をし、架空の店のようなものを存在させる試みとして制作された。

MORE

阿児つばさ

花路里のマッチ

2016

¥ 550 (税込)

 2016年に開催された展覧会「花路里と花路里 / PEGASUS / どこやここ」(3331 Arts chiyoda、東京)に合わせて制作された、作家監修の展覧会オリジナルグッズ。作家自らが監修や発案を行い、作品内で「花路里の看板」のデザイン・製作も担当した廣田碧(看太郎)がデザインを担当した。「花路里」とは、「やな川」という割烹料理店を営んでいた料理人の祖母に店名の由来について聞いた際、「花路里とかお洒落でいいよ」と語った中に出てきた言葉である。いったい「花路里」とは何か。祖母がふと漏らした一言が作家の中で場所を占め、さまざまな人と一緒に「花路里」について考え、旅をし、架空の店のようなものを存在させる試みとして制作された。

MORE

取り扱い HAPS KYOTO
エディション ED.Open
サイズ 5.6 x 3.6 x 0.9 cm
素材 マッチ箱、マッチ
商品コード 1100020266
著者 阿児つばさ
配送までの期間 2〜3週間程度
備考 デザイン : 廣田碧 (看太郎)
カテゴリー
送料 ¥550(税込)